結婚式のDVDを自作する時の画面サイズって?

映像を編集する時の画面サイズって設定がたくさんあってどれが良いのか分からないですよね。よく分からないから適当に選んでしまった場合、後で大変なことになるので、もし既に遅しの方は一旦作業を止めてこのページをしっかりと読んでください。

万が一映像編集が全て終わった後に画面サイズを変更しなくてはならなくなった場合は…素直に諦めましょう^^;

映像を自作する場合、業者に発注する場合、どんな場合においても、制作前に事前に式場に画面サイズ(4:3/16:9)を必ず確認しておきましょう。

画面サイズの基本知識

目安になる画面サイズをまとめましたので参考にご覧ください。動画の編集はサイズの設定が大きければ大きいほどPCに負担がかかり編集作業や書き出し作業が遅くなります。

  • 1920×1080=16:9(Blu-rayで制作する・HD撮影した動画を使う)
  • 1440×1080=16:9(DVDで制作する・HD撮影した動画を使う)
  • 720×480(アナモフィック)=16:9(DVDで制作する)
  • 720×480=4:3(DVDで制作する)

よくある勘違い

Q.HD撮影&編集したデータを綺麗な画質のままDVD-Rに焼けませんか?
A.DVD-Rにする時点で720×480になるのでHDのままDVD-Rには書き出せません。

HD撮影してもDVD-Rに書き出す場合は画質が必ず劣化します。

映像完成後DVD-Rに書き出した時に、画質があからさまに悪くなった場合は、編集時のシーケンス設定か、書き出し設定が間違っている可能性があります。業者に頼めば比較的綺麗にDVD-Rに書き出してもらうことは可能です。

DVD-R書き出しサービス

使用目的に合わせて変わる画面サイズ

画面サイズ4:3

4:3の四角い画面サイズは、一昔前まで主流だったアナログNTSC方式のサイズになります(いわゆる昔のテレビのサイズです)。4:3サイズの場合は設定するサイズは1つだけですが、編集ソフトによっては表示がいろいろありますので迷います。

基本的な設定は、720×480のサイズを選択すれば問題ないです。

720×486や、640×480などいろんな項目があったりしますが、基本的に同じだと思ってください。その際にピクセル比率も設定できたりしますが、これも基本設定のままで問題ないです。※厳密に映像の設定をしたい場合は、個別の用途に合わせて設定する必要があります。

画面サイズ16:9

16:9のワイド画面は現在主流の映像のサイズになります。種類がたくさんあって迷いやすいので、自分の用途に合わせて設定を選びましょう。

DVDやプロジェクター上映をする場合:この場合は「720×480のアナモフィック」というサイズが作業が軽くておすすめです。最終的にDVDにする場合は画質が圧縮されますので高解像度で作業してもあまり意味がありませんのでこのサイズで作業をしましょう。

Blu-rayやデータで保存する場合
:品質を重視する場合はPCのスペックと相談しながら可能な限り大きく設定します。一番大きなサイズは1920×1080というフルHDサイズでの編集になりますが、非常に作業が重くなりますので気をつけましょう。作業を軽くしたければ1440×1080という選択肢もあります(画質的には全く問題ありません)。

画面サイズを間違えてDVDを制作してしまった場合

式場サイズは4:3なのに16:9で作ってしまった!

画面サイズを間違えてしまった場合は修正できません。必ず制作前に式場に確認しましょう。

画面比率を間違えてしまうと、作った映像が強引に引き延ばされたり、人物が切れたり、何かしらの弊害が発生します。だからといって上映できないわけではありませんので、気になさらない方は間違えてもそのまま上映してしまってよいと思います。

しかし、画面比率を間違えて作った映像は見ていて違和感があります。既に完成していてサイズを間違ってしまってどうしよう!とお手上げという場合は費用はかかりますが、自作した映像の画面比率を直すサービスもあります。場合によっては修正できない場合もありますが、どうしようもない場合は是非ご相談ください。


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ