余興映像の作り方

「結婚式の披露宴で余興を頼まれた!どうしよう!」そんな悩みを抱えている方、自作映像で一番簡単でオススメな余興映像はメッセージ映像です。

新郎新婦に縁のある友人やお世話になった方からメッセージ映像を送って貰って編集すれば、あっという間に余興映像が完成です。新郎新婦も喜んでくれますし、当日の演し物に悩む必要もありません。

  1. 構成を考える
  2. 素材を集める
  3. 編集ソフトを探す
  4. 完成映像をチェック

余興映像制作のおおまかな流れです。「いける!」と思った場合は、是非自作チャレンジしてみてください。

構成を考える

まずはどんな内容の映像にするか構成を考える必要があります。ここに一番時間を割いてもよいかもしれません。映像制作は思っている以上に時間がかかります。

披露宴余興映像作り方

メッセージを集めた映像にするのか、ダンスを踊る映像にするのか、パロディ映像にするのか、余興映像は様々なジャンルがありますので、映像の方向性を決めましょう。

→ 余興映像・友人メッセージ映像のおすすめアイデア

素材を集める

内容が決まったら素材集めです。

写真や動画、表示するコメントや音楽を準備します。全ての素材が準備できたら素材整理をします。写真や動画のデータは使う順番にデータ名を変更しておくと、後々迷うことがなくなり編集がスムーズです。

披露宴余興映像作り方

途中から追加したり、できるところから進めようというスケジュールでは時間を浪費してしまいま「準備が間に合わないから揃ったところだけで作る」では後で編集にシワ寄せがきます。料理と一緒で、材料を揃え、下ごしらえをしてから調理しましょう。

編集担当
素材の小出しや修正の小出しは編集者泣かせです。納期がどんどん遅くなってしまう原因になります。

編集ソフトを探す

素材が全て揃ったらいよいよ編集開始です。

編集するためには編集ソフトが必要です。あまり細かな編集が必要でないならばWindowsのムービーメーカーやMacのiMovieがおすすめです。無料なのですぐに使うことができます。

結婚披露宴ムービーおすすめ映像ソフト

少し映像にこだわりたい!という方には、Adobe Premiereというプロ用の有料ソフトをおすすめします。体験版を1ヶ月間無料で使用することができます。この編集ソフトを使えばできないことはほとんどありませんので、ソフト選びに迷ったらこちらを使用することをおすすめします。

→ 映像編集におすすめの無料編集ソフト

完成映像をチェックしよう

披露宴会場には上映する際のルールがあります。

エンディングビデオ作り方

完成DVDはそのルールに準じる必要がありますので、サプライズ映像で新郎新婦に秘密の場合でも、必ず式場プランナーに内容を確認しましょう。当日上映できなかったという、最悪の事態は避けておきたいものです。

→ 余興映像/友人メッセージ映像を作る時注意すること


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ