プロフィールビデオのコメントの書き方

プロフィールビデオの写真に表示するコメントで抑えておくべきポイントがいくつかあります。婚礼のマナーであったり、ゲストへの配慮だったり、映像以外の内容もありますので、コメントを考える際に是非参考にしてください。

  • 写真のタイトルをつけない
  • 文字数は30文字以内に収める
  • 写真1枚1枚に全てコメントを付けなくてもOK
  • ゲストへのお礼は何回もしない
  • 文字は太めのフォントを選ぶ
  • 記号や顔文字などは少なめに

写真のタイトルをつけない

プロフィールビデオを単調な映像にしてしまう一番の原因です。

写真のタイトルとは「高校卒業」「京都にて」「親戚の○○さんと」のような表題のことです。タイトルだけの連続では、面白みのない無機質なTHEスライドショー映像になってしまいます。

プロフィールビデオムービー自作作り方

その写真の時に「誰といた」「何をした」「何が起きた」「何を思った」といった状況説明(補足説明)だったり、メッセージ性がある文章だったり、ゲストはその裏で一体何が起きたのか?何を思ったのか?という背景を知りたいものです。例えば「小学校入学 人生で一番緊張した瞬間でした」と感想を書くだけでも写真から得られる情報が増えます。

自作する場合でも、業者発注する場合でも、コメントに気を配るで魅力的なプロフィールムービーが作れます。

文字数は30文字以内に収める

厳密にこの文字数に収める必要はありませんが、画面上に横15文字程度が上映の際に見やすい文字数になります。

文章量が多過ぎると、文字を読むのに精一杯で映像の中身が入ってきません。また、文字によって人物が隠れてしまいます。

邪魔にならない文字数は2段まで。つまり、15文字×2段の30文字が映像を見やすい文字数になります。この文字数を超えてくると映像が見辛くなってきますので気をつけてください。

プロフィールビデオムービー自作DVDコメント作り方

このような文字だらけの生い立ちビデオ見たことありませんか?自作される方で稀にいらしゃいます。写真に思い入れが強く、どうしても文章が長くなってしまう場合は、文章だけ表示した後に写真を出すなどして、文字で写真が見えななってしまうことを避けましょう。

写真1枚1枚に全てコメントを付けなくてもOK

もし何もエピソードがなければ必ずしもにコメントを表示する必要はありません。複数枚に渡って1つのコメントでも構いません。

プロフィールビデオムービー自作での作り方

例えば、2人パートでの旅行の写真。まとめて写真をパラパラと短めに表示しながら「旅行にもたくさん行ったね」と1行コメントを表示すればそれで大丈夫です。

文章は全体のストーリー構成だと思ってください。1枚1枚独立した文章より、全体的に作文を書くようなコメント構成になるよう文章構成を考えましょう。
プロフィールビデオのコメントの書き方3つのコツ

ゲストへのお礼は何回もしない

写真が表示される度に映っているゲストへ感謝のコメント(メッセージ)を長々と書いてしまう人がいます。これでは生い立ちムービーという本来の意味から逸れてしまいます。

プロフィールビデオムービー自作作り方

ゲストへの感謝の言葉は最後にまとめて一言で十分です。生い立ちを紹介することに重点を置きましょう。感謝の言葉は席札の裏側に書いたり、各々に手紙を書いて伝えましょう。

文字は太めのフォントを選ぶ

当日披露宴会場でのプロジェクター上映という特徴から、太めのフォントを使用することをおすすめします。

プロフィールビデオムービー自作作り方

自作の場合「細い明朝体がオシャレだから」という理由で明朝体で小さい文字を使用される方が多いですが、明朝体など文字が滲んでしまい読みにくくなる可能性があります。編集で文字にシャドウをかけたり枠線を加えられる方は問題ありませんが、自作の場合、その辺りまで手が回らないことがほとんどです。

オシャレ<見やすさを優先しましょう。結婚式を挙げるカップルの一番の想いは「ゲストに喜んでもらいたい」だと思います。太めのゴシック体でもおしゃれなフォントはたくさんありますのでWeb検索してみてください。

句読点「、」「。」は取る

知っている方からすると「あ~知らないんだな」と思われてしまいます。句読点に「区切れ」「終わり」を意味します。婚礼の通例上、句読点「、」「。」は省きましょう。

プロフィールビデオムービー自作作り方

忌み言葉と呼ばれるもので、その場にふさわしくない縁起の悪い言葉と言われています。絶対に守らなければダメ!ということはありませんが、古くからの婚礼の通例となります。人によっては気にされる方もいるのでルールを守っておいたほうが無難です。

  • お忙しい→おいそがしい
  • 繰り返し言葉(ますます・まだまだ)を使わない

記号や顔文字は少なめに

稀にコメント内に記号や顔文字を多用した映像を見かけます。

映像内のコメントに使用する程度では問題ありませんが、映像最後のゲストへ向けたメッセージに顔文字・絵文字・ゎを使うのは止めましょう。結婚式は大人としての儀式です。

「本日ゎお忙しい中来てくださりありがとうありがとうございます(^-^)/」

こんな文章を見てしまったら「この夫婦は大丈夫か?」と思われてしまいます。こんな人いるの?と思われるかもしれませんが事実います。文章に自信がない場合は、プランナーに確認してもらいましょう。

コメントで気を付けることは以上となります。続いてちょっとしたコツで映像を感動的に見せることができるテクニックをご紹介します。
→ プロフィールビデオを感動的に見せる構成方法

実際に過去のお客様で「今日ゎ私たちの結婚式に来て下さり…」という文章を書かれた方がいらっしゃいました。慶事においてこれはさすがに…と訂正しようかと思いましたが、ご本人が書いた文章でしたのでそのまま表記しました。全てを婚礼の通例に合わせることはありません。婚礼ルールを守らないが為に怒るゲストもいないと思います。ただ、文章一つとっても自分たちがどのように見られるかが変わります。

プロフィールビデオ発注を検討する


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ