プロフィールビデオのちょうどよい時間って?

たくさん写真を使って、内容盛りだくさんでゲストの方々に楽しんでもらいたい!そう考えて制作される方がほとんどですよね。しかし、ただ長い映像を作れば良いというわけではありません。映像上映の際に飽きない調度良い時間というものがあります。その時間を守ることでゲストの集中力も途切れず最後まで映像を見てもらえるので満足度も増します。

プロフィールビデオ平均時間目

プロフィールビデオの平均時間

一般的に「中座中のプロフィールビデオは7分〜8分程度」と言われています。写真枚数50枚で制作するとします。新郎パート15枚+新婦パート15枚+二人パート20枚。7秒半×50枚=6分15秒(375秒)必要になります。加えて、写真部分以外の箇所(冒頭部分にタイトル+新郎紹介タイトル+新婦紹介タイトル+二人パートタイトル(+プロポーズの言葉などちょっとしたテキストでのストーリー)+最後の締めの言葉)が45秒〜60秒程度必要になります。そうすると、合計で7分〜7分15秒となります。

プロフィールビデオベストな時間の目安

「7分10秒」

式場から上映時間の制限がある場合はそれに従います。制限がない場合でも写真のみの構成で10分を超えた映像を流すと見ている人の集中力を削いでしまします。いわゆる「飽き」を誘発してしまいます。もちろん、一生に一度の晴舞台なので、最後まで見てもらえますが、見ている側の配慮に欠ける映像となってしまいます。7分10秒はあくまで目安です。列席者に年配の方が多いので各写真の表示時間を8秒にするといった結果、総映像時間が前後する分には問題ないので、一つの目安としてお考えください。

プロフィールビデオ平均時間目

プロフィールビデオの写真1枚時間配分

ムービーを制作するにあたり、何枚程度写真を準備したらよいか?そこで簡単な計算方法があります。コメント付きの写真1枚につき、およそ7秒半が見やすい時間と言われています。平均的なプロフィールビデオを構成する場合、写真枚数から映像全体の総時間が計算できます。

ぶっちゃけ制作メモ
写真1枚7秒半だとか、映像の長さは7分10秒だとはお伝えしましたが、弊社としては何枚でもよいと思っています。どうしても写真が削れなくて枚数が多くなってしまった場合は、1画面に複数表示したり、コメントを少なくして写真を短い間隔で配置したり、ストーリーを入れて飽きさせない配慮をしたり…対応策はいくらでもあります。一般的に写真枚数規定のあるテンプレート映像は写真を等間隔に配置します。弊社場合は写真枚数に規定を設けておらず、オーダーメイド専門で制作してますので、写真やコメントの分量、音楽に合わせて写真の表示時間を変更可能です。100枚以上写真を使用すると10分を超えます。逆に10分越えなければプランナーにも怒られないと思います^^;


レッドアトレ
弊社レッドアトレは現役CM編集マンが制作する結婚式の映像演出オーダーメイド専門店です。

「作りたい動画がある」「Youtubeで見たあの映像を作りたい」「よくあるテンプレートムービーはちょっと…」そんな新郎新婦様に愛され、おかげさまでオーダーメイド映像を制作して5000組を突破しました。

自作を始めたもの「時間がない」「やりたいことができなかった」と志半ばで力尽き弊社に足を運んでいただいたお客様も数知れずいらっしゃいます。一生に一度の結婚式、ゲストへのおもてなしも考えて自分たちらしい一日にする為にも演出アイテムにこだわりたいという新郎新婦様の一助になれたら幸いです。

全商品写真枚数無制限・来店OK(全国対応)です。

お電話( 03-4590-5919 )でのお問い合わせ・来店相談も受け付けております。お気軽にお電話下さい(電話応対10:00~19:00(水曜定休))

映像を自作しよう!TOPへ
レッドアトレに発注を検討する