余興映像の作り方…の前に

自作映像は編集するだけではありません。式場に自作DVD持ち込む時は各式場のルールを守らなくてはなりません。それを知らずに持ち込んで、上映ができなかったり、余計に費用がかかったり…本当よくある話です。

余興自作ムービーでよくある失敗例

  • 画面サイズを間違えて制作してしまい映像が歪んで見える
  • 映像が長過ぎて進行に支障をきたす
  • 式場指定のルールを守らず持ち込んでデータ変換に余分にお金をとられる
  • データ(.mp4/.mov)DVDを焼いてしまい上映できない

こんなことがないよう、事前にチェックすべき項目をまとめました。

  • 画面サイズに気をつける
  • 映像時間に気をつける
  • 写真や文字の配置に気をつける
  • 完成DVDのメニューは削除する
  • 映像の冒頭に黒い画面を5秒以上表示する
  • DVD盤面の表示の指定を守る
  • DVDはビデオ形式で書き込む

その上で映像が完成したら披露宴会場で上映チェックをしてもらいましょう。ギリギリまで制作せずに挙式日の1週間前には完成させたいものです。

余興映像のネタ

画面サイズを気をつける

会場のプロジェクターサイズは2種類あります。制作前に式場にサイズを確認してから映像を制作しましょう。

映像完成後に画面比率を修正するのは非常に手間のかかる作業です。もし間違っていたら早めに作り直すか、業者に変換作業をお願いしましょう。

式場には「映像の上映サイズって4:3ですか?16:9ですか?」と聞いてください。「どちらでも大丈夫です」と言われた場合は「どちらの方がよく見えますか」と確認してください。

サイズを確認せず勝手に作ってしまい(当日サイズが違っていて)上手く上映できなかったというトラブルが非常に多いです。

  • 4:3(四角い画面)
  • 16:9(ワイド画面)
1-2

よくある勘違い

16:9ワイド画面だからといってHDサイズで編集する必要はありません。

会場での上映は最終的にDVD-R上映になります。ムービー編集時の設定は720pix×480pix(アナモフィック)で問題ありません。HDで編集してもDVD-Rにする際に720pix×480pixになります。HD画質ではDVD-Rは焼けません

また、HDで編集してしまうとパソコンの処理速度が追いつかなくなり作業スピードが低下するということがよくあります。

HD画質でDVDを焼けますか?というお問い合わせをよく頂きますが、HD画質でDVDにすることはできません。

映像時間を気をつける

映像の時間は当日スケジュールに合わせて制作しましょう。

時間に制限がなくても、長過ぎる映像は会場が飽きさせてしまう原因となります。目安として映像演出は10分以内を目標に制作しましょう。

自作の場合はどうしても映像が長くなってしまう傾向があります。無駄なシーンは極力カットしてテンポある映像を作りましょう。

制作前に式場プランナーに何分くらいの長さにしたらよいか確認しておくと良いでしょう。余興のせいで当日の進行に支障をきたすわけにはいきません。

余興映像友人メッセージ映像作り方

写真や文字の配置に気をつける

編集画面と上映画面では見え方が異なります。プロジェクター上映時、画面の四隅10%程度は映りません。

写真はまだしも文字に関しては自作の方に非常に多くみられるポイントです。画面の上下左右、画面の隅っこに文字や人物を配置すると、上映時には映らないことがありますので編集の時に注意してください。

1-3-1

完成DVDのメニューは削除する

一般的な式場ルールでは、DVDを入れたら自動再生が通例です。DVDのメニュー画面は削除しましょう。式場によってはメニューありでも上映してくれるところもありますが、メニューを真っ黒にする、メニュー時には音楽を流さない等の制約があるようです。

また、映像終了後の繰り返し再生設定も外してください。映像編集が楽しくなり、ついついメニューも凝りたくなってしまいますが、式場納品ルールを守りましょう。

0521d

映像の冒頭に黒い画面を5秒以上表示する

映像が始まる前に黒い画面を5秒以上入れて間隔を空ける必要があります。

当日のDVD再生時はDVD挿入後一時停止して上映に備えます。黒がないと映像が始まった状態で一時停止されてしまいます。

「黒い画面はどうやって作るの?」

編集ソフト内で黒画面を表示することもできますし、分からない場合はカメラのレンズを指で塞いで撮影した画像を黒として利用しましょう。

DVD盤面の表示

指定がある会場とない会場がありますが、盤面表示をした方が式場側に対して親切です。

  • 両家名
  • 映像内容(「プロフィールビデオ」など)
  • 使用日
  • 映像時間

ここまで書いてあれば完璧です。

DVDはビデオ形式で書き込む

.mp4(iphoneで撮った映像)や.mov/.wmv(動画編集ソフトで書き出した映像(Mac/Windows))のデータをそのままDVDに入れて焼いても上映されません。

自作する方に一番多いトラブルです。自作する場合は、制作前に各式場から制作に関する注意事項が配布されます。不明なことがあれば、披露宴会場に問い合わせましょう。DVD完成後は一般的な再生機で再生確認をしてください。

再生機で再生するには編集ソフトとは違うオーサリングソフトが必要となります。
映像編集する時のポイント(DVDの焼き方)

映像データからDVDビデオディスクの制作

式場によってはデータ変換に¥20,000も取られるようです。弊社では映像データ→DVD-R変換を¥7,800(税別)で承ります。どうしてもビデオ形式で焼けない(再生機で再生できない)という方はご相談ください。

DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ