エンディングビデオの映像時間

エンディングビデオの長さはこれがベスト!という時間はありませんが、大体の目安は存在します。使用する音楽1曲と同じ程度の長さで作るとよいでしょう。

列席者が多い場合は必然的に映像が長くなってしまいますが、行間を詰めたり、文字を小さくしたりして対応可能です。披露宴の最後で酔いも回っているのであまり長い映像は避けましょう。

目安は5分程度

列席者の人数とBGMの長さによって左右されますが、およそ80名程度の列席者の場合、5分程度の映像に収まるはずです。

列席者とお礼のコメントの量が増えればその分 映像時間も長くなります。あまりにも時間が長くなるようでしたら、列席者の名前のスクロールスピードを調整したり、2列表示にしたりして時間調整をしましょう。映像が5分を越えてくると当日披露宴スケジュールを考慮すると、配慮を欠いた映像演出となってしまいますので気をつけましょう。

感動するエンディングビデオ制作のコツ

映画のエンディングロールだと途中退室してしまう方も結構多いのではないでしょうか。一般的に映像としての価値が低いのは仕方ないことかもしれません。

ウエディング業界ではここ数年撮って出しエンドロールが流行っています。当日動画撮影をして披露宴の終わりにエンドロールと一緒に流すダイジェスト映像のことです。実施される新郎新婦も多いと思いますが、それをやる場合においても名前だけのエンドロールよりはメッセージ入れたエンドロールにする方が映像としての価値も上がりますし、見ているゲストも嬉しい演出になります。

エンディングビデオ発注を検討する


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ