エンディングビデオの基本構成

エンディングビデオとは、披露宴の最後に上映される映像演出です。
披露宴の最後を彩る演出にゲストの感動も最高潮となります。その為、エンディングビデオを失敗すると、せっかくの盛り上がりも一気にクールダウンしてしまい、尻すぼみな披露宴になってしまうので注意が必要です。押さえるべきポイントを押さえて映像を編集しましょう!

  • タイトルをつける
  • ゲストの名前に感謝のメッセージを添える
  • 写真や動画を背景に流す
  • 最後は感謝のコメントで締める

タイトルをつける

映像が始まってすぐにゲスト(列席者)の名前がスクロールしだしてしまうと、会場がスクリーンに注目する前に大切な人が流れてしまっている可能性があります。
そうならない為に冒頭には5秒以上のタイトルやメッセージを表示しましょう。 「TARO & HANAKO Wedding Reception」でも「本日はありがとうございました!」でも何でもOKです。

結婚式 オリジナル オープニングビデオ

ゲストの名前に感謝のメッセージを添える

このページで一番お伝えしたいことがこちらの演出です。

大変かもしれませんが、ゲストの名前をスクロール表示する時は一言感謝のコメントを添えて表示しましょう。メッセージがないエンディングビデオならむしろやらない方がよいというほど必須演出です。

結婚披露宴感動エンディングビデオムービー

ゲスト目線で考えると、自分の名前のに一言でもメッセージがあると嬉しいものです。「本日はお越しいただきありがとうございます」と、同じ内容をコピーしただけのメッセージを羅列するのはやめましょう。

エンドロール悪い例

Aさん
今日はありがとう!
Bさん
今日はありがとう!
Cさん
今日はありがとう!

どうしてもコメントが思いつかない場合は、連名で同じメッセージを表示しましょう。

写真や動画を背景に流す

名前とメッセージだけでも十分ですが、背景に写真や撮影した動画を流すことで、見た目が華やかになり披露宴の最後が盛り上がります。

結婚披露宴感動エンディングビデオムービー

ゲストとの思い出の写真、挙式の準備の写真、前撮り写真、写真の構成次第で様々なストーリーが作れます。もしゲストへのメッセージを表示しない場合は写真をたくさん使って写真でストーリーを作るというのも演出の一つです。

最後は感謝のコメントで締める

エンディングビデオは上映中に新郎新婦が退場する、もしくは退場した後で上映することがほとんどです。

結婚披露宴感動エンディングビデオムービー

その為、映像上映終了後は新郎新婦は会場に居ませんので映像の最後に二人からの最後のメッセージを入れましょう。ゲストに対する感謝のコメントでも、伝えたいメッセージでも何でもOKです。

細かなコツやアイデアを盛り込みながら自分たちらしい映像を編集してみてください。
→ エンディングビデオの写真枚数と選び方

エンディングビデオ発注を検討する


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ