プロフィールビデオ自作する時の時間

ビデオの長さってどのぐらいが良いのか悩みますよね。長すぎても飽きてしまうし、短すぎても物足りないんじゃないか…と。

一番簡単な解決策は式場プランナーに何分くらいの長さで作ったらよいかを聞くことです。

プロフィールビデオの平均的な長さは7~8分と言われています。5分以内で収めて欲しい、何分でも大丈夫、映像の長さも式場によってまちまちです。とは言ってもなぁ…迷ったらこの時間を目指して編集しましょう。

プロフィールビデオは7分10秒が目安

必ずしもこの時間にする必要はありませんが、目安として7分10秒を目指すと飽きないちょうどよい長さの映像が完成します。

例えば、写真枚数50枚(新郎20枚+新婦20枚+二人10枚)で、各写真の表示時間7秒半+その他の構成部分(タイトルやエピソード、締めの言葉など)45秒~60秒を足した時間=7分~7分15秒になります。

プロフィールビデオ写真長さ

この時間が一般的なプロフィールビデオの長さと言われていますので、自作する場合は参考にしてみてください。もちろん7分10秒を超えたからと言って、突然映像が見辛くなるということではありません。構成や演出方法(撮影映像を使うなど)によって、映像の見え方は変わってきますので、あくまでも参考までにお考えください。

プロの視点

常日頃映像編集をしている立場からすると、写真枚数は何枚でもいいのではないかと思っています。多くなればコメントを少なくして写真をテンポよく表示したり、1画面に複数枚表示すればよいと思っています。必ずしも写真1枚に対して1コメントである必要もありませんし、コメントを表示しなくてはいけないというルールもありません。

プロフィールビデオの長さで気になるのは新婦パートが新郎パートに比べて写真枚数が非常に多い場合。見ている側の印象としてはあまりよくないです。新郎パートと新婦パートは同じくらいの分数であると印象はよくなります。

写真の長さを個々に変えたり、音楽に合わせたり、の編集を厭わない方はある程度写真枚数が増えても対応できるかと思います。そうでない場合は、50枚±10枚くらいの写真枚数で収まるように準備しましょう。

プロフィールビデオ発注を検討する


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ