プロフィールビデオの写真選びはこれで完璧!

プロフィールビデオの写真は選ぶの大変ですよね。たくさんの写真の中からどれを選んでどれを諦めるか…頭を悩ませるところです。どうせ選ぶなら失敗したくない!そんな時は以下のポイントに気をつけて写真を選んでみてください。

  • 写真はゲストと一緒に写っている写真を使う
  • 同じようなシチュエーションの写真は避ける
  • 二人パートの写真は同じ構図の写真ばかりは避ける
  • 写真がなくても諦めない
  • 写真の写りの善し悪しは気にしない

写真はゲストと一緒に写っている写真を使う

全ての写真を集合写真にする必要はありませんが、何枚かはゲストと自分が一緒に写っている集合写真を準備しましょう。ゲスト目線からすると、自分がスクリーンに登場する=盛り上がりポイント(懐かしい・俺/私映ってる)となります。

プロフィールビデオムービー自作作り方

幼少期は家族と一緒に写っている写真、大人になってからは当日参加するゲストと一緒に写っている写真を選ぶ、というルールを決めて写真選定していくと写真選びの時短になります。

同じようなシチュエーションの写真は避ける

年代が違っても同じシチュエーションの写真は選ばず、映像全体の流れに変化をつけるような写真選びをしましょう。

例えば入学式・卒業式など同じイベントが連続してしまう場合は他の写真に切り替えます。中学時代に仲良かった友達と写ってる写真、高校時代の部活動などで代用できます。誰しもが迎える節目の写真よりは個性が出る写真を優先的に選びましょう。

悪い例

小学校入学式→小学校卒業式→中学入学式→中学校卒業式→大学入学式…

プロフィールビデオムービー自作作り方
同時期のエピソードを連発するのは悪い例の一つです。映像演出の時間にも限りがあります。↑の例で代替え案は、4枚同時に1画面に表示して、「お兄ちゃんとは幼い頃から仲良し」という一言で十分です。

二人パートの写真は同じ構図の写真ばかりは避ける

二人パートの写真といえば、ほとんどの場合は自撮りツーショット写真だけになってしまいます。それは仕方ないことですが、なるべく同じ構図の写真の連続は避けましょう。

プロフィールビデオムービー自作作り方

具体的に言うと、二人が並んで写っている旅行の写真で、旅先が違うだけの写真の連続のことです。背景の旅行先の風景は変わりますが、ゲストにとってみれば、構図が同じなのでどれも似たような写真に見えてしいます。

「旅行もたくさんしました」「二人でいろんなところへ行ったね」といったのコメントを入れた上で、写真をまとめて短く表示しましょう。

写真がなくても諦めない

番外編ですが、どうしてもゲストに伝えたい面白いエピソードがあってもその瞬間の写真がない場合があります。そんな場合はコメントのみの表示でストーリーを構成したり、イメージ写真を使ったりして代用します。

プロフィールビデオムービー自作作り方

「訳あって写真がありませんが…」と表示すれば全く問題ありませんし面白エピソードにつながります。自分たちの独自のエピソードは映像の盛り上がりポイントです。写真がなくても諦めないで印象的なエピソードはどんどん入れ込んでいきましょう。

写真の写りの善し悪しは気にしない

笑顔がちょっとおかしい、後ろに変な人が移っている、そんな気に入らない写真も何枚かあるかと思いますが、気にせず使いましょう。

ゲストは生い立ちのストーリーを見ている訳ですから、短時間では写真の細かな部分まで注目しません。細部を気にしていてその写真を使わないという選択は非常にもったいないです。

プロフィールビデオムービー自作作り方
数千組のカップルのプロフィールビデオを作ってきた中で特に印象に残っているのは「手にもっている煙草を消して欲しい」「肩の入れ墨を消して欲しい」「隣に写っている元カレを消して欲しい」という依頼です。皆さんいろいろな事情があるようです^^;


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ