プロフィールビデオ写真枚数の目安

結論から言うとプロフィールビデオの写真枚数に決まりはありません。

50枚?100枚?自分で作るんだから何枚でもいいだろう?はい、写真枚数は何枚でもよいと思います。しかし、披露宴の進行やゲストのことを考えると、ただ単に長い映像はNGです。

どんなに長くてもプロフィールビデオは10分を越えないように作りましょう。その10分を越えない写真枚数とは何枚くらいでしょうか。

目安は写真枚数50枚~60枚

新郎パートで15枚、新婦パートで15枚、二人パートで20枚の合計50枚を目安に写真を集めましょう。とは言え、+10枚~+20枚になると思います。

男性は人生においてあまり写真を撮る機会が多くありませんが、女性は写真を撮る機会が多いので、新婦パートがどうしても写真過多になってしまいます。

オープニングビデオ自作作り方

全部で50枚を目標に写真集めをするとちょうど良い映像の長さになります。因に50枚というのは写真1枚に1つのコメントを付ける場合の目安になります。もし、コメントが無い写真を一瞬表示するだけならもう少し多くても問題ありません。

プロフィールビデオの写真枚数は50枚±10枚を目標に準備しましょう。あくまでも目安としてお考えください。

一番大事なのはバランス

平均的なプロフィールビデオを作る場合は、50~60枚を目標に写真を集めれば結果的に計70枚程度になり、8分~9分程度の映像が仕上がります。

写真枚数も映像の長さもあくまで目安です。多くなってしまったら各写真の表示時間を短くしたり、複数毎同時に表示するなど編集で調整すれば問題ありません。

オープニングビデオ自作作り方

式場や映像業者に依頼する場合は基本的に写真枚数が決められていますが、自作する場合は新郎パートと新婦パートは写真枚数を同じにしないといけないということもありません。均衡がとれてる方が見やすいだけであってそのようなルールはありません。

しかしながら、プロフィールビデオの写真枚数が100枚越えるとさすがに長いです。100枚以上写真を表示すると10分を超えてしまいますので、中だるみしてゲストを飽きさせてしまう配慮に欠けた映像になってしまいます。

→ 失敗しないプロフィールビデオの写真の選び方


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ