プロフィールビデオを自作する

無料の編集ソフトが増えてきたので映像編集がより身近に感じられる昨今、結婚式・披露宴のプロフィールビデオを自作される方が増えています。

皆様の参考になるようにプロフィールビデオの作り方を簡単にまとめました。各項目の詳しい説明は詳細ページがありますので参考にしてください。準備から完成まで以下の行程で進めると一番時間がかからないと思います。

【時短】プロフィールビデオの作り方工程

映像制作は思っている以上に時間がかかります。編集ソフトが身近になってきたからとは言え、初めての方にはなかなか骨が折れる作業です。

簡単なものなら1~2時間でできると思われている方も多いですが、そんな甘い物ではありません。

少しでも時間を無駄にしないよう、プロの制作工程を見てみましょう。時短になりますので是非参考にしてください。

  1. 構成を考える
  2. 写真を選定する
  3. 音楽を選ぶ
  4. コメントを考える
  5. 編集を始める
  6. 映像の見所を作る
  7. 仕上げをする

構成を考える

「どんなプロフィールビデオにしよう?」まずは構成を考えます。

自分たちの生い立ちを紹介するというのが基本構成ですが、+αいかに見応えのある演出を加えていくかということを考えます。派手な演出は必要ありませんが、せっかく作るのであれば単純なスライドショーになってしまうのは避けたいところです。感動してもらえるプロフィールビデオ、笑ってもらえるプロフィールビデオ、コンセプトを決めることは大事です。

プロフィールビデオを感動的に見せる構成方法

困った時はYoutubeで「プロフィールビデオ」と検索すればたくさんの参考映像が出てきます。全体の雰囲気や音楽イメージ、写真の表示方法など、自分たちにあった映像を探してください。

構成段階で全体の映像時間も考える

映像の長さに関しても注意する点があります。実際に映像を自作する際には完成時間にも注意して編集を進めましょう。

プロフィールビデオの長さは何分が良いの?

写真を選定する

自作する場合でも式場・業者に依頼する場合でも写真選定はプロフィールビデオを制作しようと思った時点から始めましょう。

実家にある昔の写真を取りに行くのか郵送してもらうのか、集め始めると膨大な数にどうしていいか分からなくなってしまいます。

写真集めの際には1点注意することがあります。それは、思い出迷子にならないこと!映像演出以外にも結婚式の準備はやることがたくさんあります。思い出迷子になって写真の準備が進まなかったり、映像の作り始めが挙式日間近だったりすると、徹夜作業になってしまうこともよくあります。

プロフィールビデオの写真枚数は何枚?

集め始めは「何枚」と枚数を決めずに、使う/使わないという写真に分けてを集めましょう。

写真の選び方にもいろいろとポイントがあります。自分たちの好きな写真を選べば良いというわけではなく、見る側のことも考えて写真を選びましょう。

失敗しないプロフィールビデオの写真の選び方

音楽を選ぶ

プロフィールビデオは音楽で決まると言っていいほど音楽は大事です。

基本構成を守って編集し、感動的なバラード楽曲にのせたらそれなりな映像ができあがります。どんな音楽を使ったらいいか分からないという場合は、Webで検索するよりも担当プランナーに聞いた方がいい答えがもらえます。もしくはYoutubeでプロフィールビデオと検索して気に入った映像の楽曲を使うという方法もあります。

自作映像の音楽著作権をISUMへ申請代行します

BGMは何曲がいいんだろう?何分くらいの音楽を用意したらいいんだろう?音楽編集が得意であるならどのようなものでも構いませんが、音楽編集に自信がないという方は次の記事を参考にしてみてください。

プロフィールビデオのBGMは何曲が良いの?

コメントを考える

写真の選定が終わったら、枚数を限定して実際に使用する写真枚数を選びます。この時点で写真に表示するコメント考えておくとよいでしょう。コメントを決めながら選ぶことで必要のない写真が選別しやすくなります。写真を見て瞬時にコメントが浮かばない写真は省いて良いと思います。

プロフィールビデオコメントで気をつけること

制作に必要な素材

  1. 写真
  2. 音楽
  3. コメント

上記3点が必ず必要となりますので、編集前にしっかりと準備をしましょう。編集しながら写真を追加したりコメントを考えるのは非常に非効率で時間がかかってしまいます。

より時間を無駄にしないためにも、編集しやすい形にデータ変換して準備をしておくことも大事です。写真であればスキャニングして編集しやすいサイズに調整しておく、コメントであればメモ帳などに打ち込んで文字データにしておくと後で作業が楽になります。

編集を始める

いよいよ全ての素材が揃ったら編集スタートです。

映像編集に必要な編集ソフトに関してですが、ものすごいたくさんの編集ソフトが世に出回っていますので何を使ったら良いのか悩む人も多いかと思います。

あれこれ悩むのであれば、元々PC付属している編集ソフトで問題ありません。ソフトを吟味している時間がもったいないです。

プロフィールビデオにおすすめの編集ソフト

映像の見所を作る

写真を並べてコメントを付けて音楽に合わせて編集を進めていくと、ある程度プロフィールビデオも完成に近づいていきます。時間に余裕がるようでしたらちょっとした味付けを加える事で映像のクオリティーが上がるアイデアがありますので是非試してみてください。

プロフィールビデオを感動的に見せる構成方法

仕上げをする

ついに映像が完成!これでもう安心!あとはしっかり寝て当日を待つだけ…ではありません。

自作の際の最大の壁、映像を自作する上で一番つまづきやすいDVD書き出し作業が残っています。甘く見ているとこの作業で披露宴に間に合わなくて挫折する人もいるほどです。

映像データ(.mp4/.mov/.wmv)のまま書き出してしまって式場で上映してもらえないという案件が非常に多く見受けられます。映像データからDVD-Rに焼き付けるためにはオーサリングという作業が必要になります。

→ プロフィールビデオ制作で気をつけること

最後に

制作期間は慣れている人でも1週間程度かかります。編集ソフトの知識がない場合はさらに時間がかかりますので、自作する場合は遅くても挙式日1ヵ月以上前から取りかかるようにしましょう。

シンプルなプロフィールビデオではなく、少しこだわる場合はさらに時間を要します。自作したDVDは式場再生確認が1週間前あることが一般的です。

映像編集はいざ自分でやってみると結構時間がかかります。制作期間を逆算して余裕を持って制作を開始しましょう。


編集ソフトや素材&テンプレートが無料で使い放題のレンタル映像編集スタジオ


DVDが焼けない音楽著作権ISUM申請代行映像を自作しよう!TOPへ